更年期の性行為には潤滑ゼリーがおすすめ

更年期の性行為には潤滑ゼリーがおすすめ

 

男性は何歳になっても性行為がしたいと思いますし、パートナーとの関係を良好に保ち続けるためにも性行為をしたほうが良いです。

 

年齢を重ねるつれて性行為の頻度は減ってくるのが普通と考えられますが、たまにする性行為というのも新鮮味があって良いのではないでしょうか。

 

しかし、たまにしようと思ったパートナーとの関係を良好に保ち続ける性行為ができなくなったこともあるのではないでしょうか?

 

よくあるのがパートナーが拒否してくることです。

 

これは更年期による性交痛が原因だと考えられます。

 

女性は更年期になると膣の分泌液が減ってペニスを挿入すると痛みを感じることがあるからです。

 

また、閉経後は膣粘膜が薄くなってペニスによる摩擦で痛みを感じやすくなります。

 

気持ち良いはずの性行為で快感ではなく痛みを感じたらお互いにさめてしまうでしょう。

 

それが原因で不仲になり、熟年離婚に繋がってしまうこともあります。

 

そんなことを防ぐためにはパートナーが痛がらない性行為をする必要があります。

 

そこでおすすめしたいのが潤滑ゼリーを使用することです。潤滑ゼリーはお互いに気持ち良くなれますので更年期の性行為にはおすすめです。

 

 

潤滑ゼリーの使い方

 

更年期の性行為はホルモンの減少によって痛みを伴うことがよくあります。

 

痛みの原因は膣から分泌される分泌液の量が減り、これによってペニスが摩擦を起こしたり粘膜が薄くなった膣壁を刺激することで伴います。

 

そこで膣分泌液の代わりとなってくれるのが潤滑ゼリーです。

 

潤滑ゼリーを塗ることによってペニスの挿入がスムーズになりますし、膣内で分泌液の代わりとなることで痛みではなく快感を感じやすくなります。

 

また、潤滑ゼリーの気持ち良さが精神面にも良い影響を及ぼし、今までになかった快感が得られることもあります。

 

この潤滑ゼリーの使い方は、ペニスを挿入する前に膣口や外陰部、膣内に適量を塗るのですが、膣内に塗るときは優しく指を入れて塗るようにしましょう。

 

そして、ペニスを挿入する前に指を膣内に入れてパートナーが痛みを感じていないのを確認します。

 

最後にペニス全体に潤滑ゼリーを塗ってゆっくり挿入するだけです。

 

もし、性行為の途中で痛みを感じるようならもう1度潤滑ゼリーを塗ると良いでしょう。

 

痛みを感じない性行為ができれば快感によって膣分泌液が増えることもありますので、そうなればより気持ち良い性行為を楽しむことができます。

 

 

おすすめの潤滑ゼリーは「オカモトふんわりムース
ふんわりスムースゼリー
オカモト (2013-02-14)

 

更年期の性行為で問題となるのが女性の痛みです。

 

女性は更年期になると膣分泌液の量が減ってしまいますので、ペニスを挿入することで痛みを感じてしまいます。

 

そんな更年期の性行為でおすすめなのが潤滑ゼリーです。

 

ペニスと膣に塗ることでスムーズに性行為を楽しむことができます。

 

その潤滑ゼリーは色々な種類のものがありますが、その中でもおすすめできる潤滑ゼリーは「オカモトふんわりムース」です。

 

オカモトふんわりムースはコンドームで有名なオカモトから販売されており、長年にわたる研究の結果、女性の分泌液に限りなく近い潤滑ゼリーが開発されました。

 

また、オカモトふんわりムースにはビタミンEやヒアルロン酸を配合していますので肌を守りながらスムーズな性行為を行うことができます。

 

それに、水溶性ですので性行為後は水やぬるま湯で簡単に流すことができますし、口に入っても害はありませんので塗布後の性器の愛撫も可能となります。

 

このような潤滑ゼリーはスムーズで快感が得られる性行為ができるだけでなく、パートナーとのコミュニケーション不足も解消してくれる魅力的なアイテムですので、更年期の性行為で悩まされている人は使用してみてください。

 

激安通販↓

 

最強精力剤↓マカ&クラチャイダム12000公式サイト